インバウンド対策セミナー・研修(訪日外国人観光客対応)

訪日外国人観光客対応「おもてなしセミナー」インバウンド対策セミナー・研修で売上アップ!来店客数アップ 顧客満足度アップ 接客力アップ 語学力アップ

最近では多くのお店に英語や中国語、韓国語で書かれた看板やメニュー、POPが並んでいます。
ますます増加の傾向にある訪日外国人観光客を何とか呼び込みたいと考えていらっしゃる飲食店、小売店、ホテル・旅館等…の方は多いのではないでしょうか。

しかし実際には、
 

・外国人を接客することに苦手意識がある

・せっかく外国人観光客が来てくれても言葉が分からず、対応できない

・店内で座り込んだり、写真撮影をしたりとマナーの悪い印象がある

・どうやって集客をすればよいのか分からない

など、インバウンド対応へのお悩みがあるのも事実のようです。

弊社ではそんなお悩みを解決すべく、言葉が分からなくてもすぐに実践できる対策方法を分かりやすくお教えいたします。

インバウンドセミナー4コママンガ

外国人観光客をおもてなしする時、相手の国の習慣や文化にあわせた接客をすることで、顧客満足度は格段に向上します。また、それがリピーターの獲得=売上UPにも繋がるのではないでしょうか。
当社では、各国に精通した講師陣を取りそろえ、豊富な実例を交えながら外国人観光客を迎えるにあたっての心構えや、誘客&接客方法、販売力強化のコツをお教えいたします。

また、「これは日本限定商品です」「日本で人気があります」といった販売促進に役立つセールスフレーズを学ぶ語学研修や、店頭に並べておくだけでも効果の高いPOP制作など、現場で今すぐ使えるおもてなしのワザも伝授いたします。
基礎と実践を学び、外国人観光客受け入れの機会ロスをなくすお手伝いをさせていただきます。

■講演テーマ(例)
 
・商機を逃さないための店舗づくりのポイントや接客のコツ

・現場ですぐに使える、セールスフレーズの語学研修
 
・日本渡航前の外国人観光客に直接リーチできる!有効な集客方法



テーマは店舗や企業ごとに異なりますが、それぞれの目的やご要望に合わせて、最適な対策セミナーをコーディネイトさせて頂きます。

外国人観光客の不便や不安等の徹底的な解消、また旅行者の満足度をより一層高める受入環境整備は必須の課題となっています。
2020年の東京五輪開催に向けて、インバウンド対策を始めませんか?


こんな業種の方々にオススメです。

飲食店、小売店、ホテル・旅館、ドラッグストア、美容室・ネイルサロン、家電量販店、その他、外国人客を集めたい企業・店舗・施設様

現地に精通した講師陣が解説します

講師 麻生晴一郎氏
麻生晴一郎(あそうせいいちろう)氏

1966年福岡県生まれ。東京大学入学後、中国ハルビン市において行商人用の格安宿でアルバイト生活を体験、農村出身の出稼ぎ労働者との交流を深める。大学卒業後、テレビディレクターなどを経て、現在はフリーのルポライター。主に中国の農村出身者や現代アーティストたちを取材し、草の根からの市民社会形成など、中国動向の最前線を日本語と中国語の媒体で伝えている。2013年8月に『中国の草の根を探して』で「第1回潮アジア・太平洋ノンフィクション賞」を受賞。またNPO「AsiaCommons(亜洲市民之道)」を運営し、中国内陸部から草の根の市民活動家を招く「日中市民交流対話プロジェクト」などを開催。これまで数多くの中国人来日者の世話やガイドを行なってきた。
<主な著書>
『北京芸術村:抵抗と自由の日々』(社会評論社)
『旅の指さし会話帳:中国』(情報センター出版局)
『旅の指さし会話帳JAPAN中国語版)』(情報センター出版局)
『暮らしの日本語指さし会話帳:中国』(情報センター出版局)
『こころ熱く武骨でうざったい中国』(情報センター出版局)
『反日、暴動、バブル:新聞・テレビが報じない中国』(光文社新書)
『中国人は日本人を本当はどう見ているのか?』(宝島社新書)
『変わる中国「草の根」の現場を訪ねて』(潮出版社)など。



導入事例

羽田エアポートエンタープライズ様セミナー株式会社羽田エアポートエンタープライズ様
(おもてなしセミナー)
ご担当者様の声

今後、訪日外国人旅客がますます増加すると予想される中、当社の運営する羽田空港ほか、国際空港の店舗に外国人旅客が来店した際、外国の文化や慣習などを予め学んでおき、接客に活用していこうという日本流のおもてなしの一環としてセミナーを開催する運びとなりました。

セミナーでは、訪日外国人旅客の中でも多数を占める中国人旅客の嗜好品や文化などを学び、中国人旅客を積極的に店舗へ迎え入れる売場づくりに役立った、という意見もあり、セミナー開催の効果を実感しました。
セミナーの事例を見る


大田区(外国人旅行者等おもてなしハンドブック活用セミナー)大田区様(指さし会話帳の活用方法/講師派遣)
弊社担当者のコメント

語学に対して苦手意識がある場合も、まずは「指さし会話帳」を使いながらコミュニケーションを取ってみることが大切であり、その姿勢がおもてなしの第一歩になるのではないかということを、これまでの事例も交えながらお伝えさせていただきました。
セミナーの事例を見る


インバウンド対策セミナーの様子
某ビルメンテナンス様(インバウンド対策セミナー)

オリジナルの「指さし会話」を導入いただいた企業様を対象に、約2時間のセミナーを開催しました。
当日は実際に「指さし会話帳」を使いながら、外国人のお客様をいかに接客・対応すればよいのか、効果的な方法をレクチャー。
日本人が外国人に対して誤解しがちな点や、接客のコツや秘訣について、外国人講師が解説しました。
セミナーの事例を見る


国際モダンホスピタルショウ2017 講演「医療現場×指さし」をテーマに講演
(「国際モダンホスピタルショウ2017」)

イベントでは、保健・医療・福祉に関する展示のほか、「ホスピタルショウカンファレンス」(講演会)が行われ、弊社(株式会社情報センター出版局)は2日目となる7月13日に出席。
〈外国語が話せなくても繋がるコミュニケーション〜「指さし会話」がつくる円滑な医療現場〜〉をテーマに、約45分のスピーチをしました。
講演の詳細を見る


まずは下記よりお問い合わせください。

セミナー・研修に関するお問い合わせ・無料見積もり

■ メールフォームからのお問い合わせ
問い合わせ・無料見積り


■ お電話でのお問い合わせ
03-3358-0231
(平日9:30~18:30)