一般財団法人日本財団ボランティアサポートセンター様

一般財団法人日本財団ボランティアサポートセンター様のニュースリリースに指さし会話シートが紹介されました。(令和3年4月27日)
以下、原文より抜粋。

各地の都市ボランティアへ
消毒液、指さし会話帳、ボランティアガイド、e ラーニングを提供

一般財団法人日本財団ボランティアサポートセンター(以下、「ボラサポ」)は、東京2020 オリンピック・パラリンピック競技大会における都市ボランティアを運営する自治体等10 団体の都市ボランティアへ、携帯用アルコール消毒液、小冊子「指さし会話帳」「ボランティアガイド」、E-ラーニングのプラットホームの提供を行いますので、お知らせいたします。
※提供先:札幌市、宮城県、福島県、東京2020 オリンピック・パラリンピック競技大会茨城県推進会議(茨城県)、2020 オリンピック・パラリンピック/ラグビーワールドカップ2019 埼玉県推進委員会(埼玉県)、千葉県、横浜市、藤沢市、山梨県、静岡県

■概要
ボラサポは、昨今の新型コロナウイルスの感染拡大等により過去大会等では想定されなかった必要物品や、サポート方法についての正しい知識を得ることが重要だと考え、下記4 つを提供することといたしました。
安全安心な大会運営とボランティアの方の健康を守ることが第一であると考えています。

【携帯用アルコール消毒液】
ボランティアが実際に活動するにあたって手指の消毒が必要な時にすぐ近くにアルコール消毒液が設
置されていない場面も想定されるため、携帯用アルコール消毒液をお渡しします。
配布数:4/27(火)から10 団体へ約17,000 個順次配布

【指さし会話帳】
日本語でのコミュニケーションに不慣れな外国籍の方や、聴覚に障害のある方などとのコミュニケー
ションに際して、記載されている文章を指さしで示してやり取りをすることで意思疎通を図る指さし会話帳を9 言語(日本語、英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語、中国語(簡体字、繁体字)、韓国語、タイ語)で作成しました。感染症予防の項目も記載しています。(協力:株式会社 情報センター出版局)
配布数:4/27(火)から10 団体へ約15,000 部を順次提供(A3 見開き)



プレスリリースはこちら(PDF)

■指さし会話帳について
話したい単語を相手に見せながら指さすだけで、世界中の人たちとコミュニケーションがとれる!
書籍累計 510 万部突破のベストセラー旅行会話集『旅の指さし会話帳』、アプリシリーズ累計 370 万ダウンロードを超える旅行会話ツールの決定版です。
現在は旅行会話だけでなく、インバウンド対策ツールとしても力を入れています。

この商品に関するお問い合わせ・資料請求・無料見積もり
メールフォームからのお問い合わせ
お問い合わせ・資料請求・無料見積もり

お電話でのお問い合わせ
03-6807-4877
(平日9:30~18:30)